副業が会社にバレない方法 〜ド素人がネット副収入に挑戦!〜
無料で、ネットで副収入を稼ぐ!ド素人がネット副収入に挑戦!


副業が会社にバレない方法の説明です。
副業を始めようと考えている方は、是非一度読んでみてください。


副業が会社にバレない方法

インターネットの業界では、人手不足ということもあり、副業に恵まれています。ですが、副業を認めていない会社は多いです。低賃金なサラリーマン にとってこれはツライですよね。そこで、副業をしても会社にバレない方法をここで紹介します。



1.バレてはいけない理由

会社によっては職務規定や労使協定で副業を禁止しています。ただしこの規定を削除する企業も増えていて、最近では賃金カットと同時に削除したという大手企業のことがニュースになったりしています。
とは言っても古い考えを持つ人が多いのも事実です。無用なトラブルを起こさないためにも、目立たないようにするとか、本業との節度を守るなどの努力をした方がよいです。会社にバレても後ろめたいことをしているわけではないのですが、バレない方が気が楽で済むということです。

2.会社・職場内での副業話は禁物

基本ですが、会社や職場で、「最近、ちょっと副業始めたんだけどさ〜」とか、言っちゃダメですよ。同じ会社の人じゃなくても、取引のある会社の人や、友達に自分と同じ会社の知り合いがいる人にも話してはいけません。火のないところに煙は立たずですから。

それから、自分が本業で外注先に出している仕事を外注先から個人として請け負う。具体的に言うと自社が外注しているシステムを請け負っているソフトハウスからプログラム作成を個人で請け負うような場合。これも禁物です。

仕事の時間中に副業をする、会社の備品や電話を副業のために使うのはいけません。開発ソフトや計測器などを会社から持ち出し副業のために使うのももちろんダメです。これらは横領や著作権に違反することになりかねません。とにかく会社の時間や資源を副業のためには一切使ってはいけません。

3.ホームページに身元がわかる情報も禁物

うちのようにホームページで副収入をやっている場合、趣味とか仕事用以外のメールアドレスくらいは書いてもいいですが、どこのだれだかわかってしまうようなホームページは変えた方がいいです。それほど確率は高くないですが、会社や職場の人が偶然見つけてしまう。といったことも考えられます。

4.税金対策で給与計算でもバレないようにする

本業とはまったく無関係の副業であっても、税金の面から会社にはバレることは頭に入れておいてください。副業で年間20万円以上の売り上げがあった場合には確定申告をする義務があります(確定申告をしないでいると脱税になるかもしれません)。確定申告をもとに翌年度の住民税などを給料から天引きで支払うわけですが、ほとんどの会社員は会社が天引きして支払っています。

会社には、天引きするために必要なデータとして、所得の種類と額が届きます。これを見れば本業以外の収入があったことが一目でわかってしまいます。収入の種類まで書いてあるので"競馬で勝った"とか"宝くじが当たった"という言い訳はすぐにバレてしまいます。

そこで、こんな方法があります。一度税務署へ行って、確定申告書の地方税の徴収方法欄普通徴収を選択してください。これで、副業の分だけ自分で支払うようにできます。そうすれば会社の天引き支払いリストには副業の分は含まれないのでバレることはありません。

ということで、無職の方や主婦の方は気にしなくていいことですが、サラリーマンの方はこの方法でがんばりましょう!


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO