検索されるために! 〜ド素人がネット副収入に挑戦!〜
無料で、ネットで副収入を稼ぐ!ド素人がネット副収入に挑戦!


検索されるための方法です
興味がある方は、是非一度読んでみてください。


検索されるために!

検索されなくてはアクセス数は稼げません。検索で来た人は、興味があってくる人なので、紹介している広告の登録率は非常に高いです。またGoogleで10番以内に表示されれば、ほっといてもたくさん見られるでしょう。それでは、私が世界各地のネットを渡り歩いて収集した、検索されやすくなるネタを紹介します。

1.Googleを征する者は世界を征す!

まだ、ほとんど検索エンジンと言えばYahooという人が多いでしょう。ですが、 いまやGoogleが主流となっており、ほとんどの検索サイトはGoogleの検索エンジンを使用しています。ということは、たいていのサイトはGoogle対策をしておけばかなり有利になります。

2.自ら検索エンジンに登録するべし!

ホームページを作成しても、 ただそれだけでは、なかなか検索エンジンで見つかるようにはなりません。 自分から登録に行きましょう!世の中には多くの検索エンジンがありますが、よく使われるのが、Google、Yahoo!、MSN(bingのシステムを使用しています)です。ここの検索エンジンに登録されていれば、アクセスアップが期待できます。登録したい方のためにこちらを用意しました↓

優先順サイト名登録用URL備考
1.Google http://www.google.co.jp/addurl/ 画像の数字とURL入力。
2.Yahoo! JAPAN https://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/submit 登録にはYahoo! JAPAN IDが必要です。
3.MSN Japan http://www.bing.com/webmaster/SubmitSitePage.aspx 画像のアルファベットとURL入力。

3.キーワードを重視するべし!

一番重視されるのがキーワードの出現数です。強さとしては、<title>タグが最も強く、<h1>→<h2>→<h3>→<h4>→<h5>→<big>→<strong>→<b>の順です。出現数については下のツールを使ってチェックしてみてください。もちろん無料です。

あなたが自分のサイトに設定しようとしているキーワードを検証するなら、こちら↓が便利です。1ヶ月間で、検索エンジンで検索された回数が表示されます。つまり、 検索回数が多いキーワードを設定すれば、あなたのサイトが見られる確率が上がります!

キーワードアドバイスツールプラス

サイトの検索ワードの頻出状況は、こちら↓で調べることができます。

キーワード出現頻度解析

現在のキーワードによる検索順位を知りたい場合は、検索順位.comを使うと便利です。Google, Yahoo, Bing (MSN)での検索順位を調べてくれます。

それから、リンクしているページのキーワード出現数にも関わってきます。それから注意してほしいのは、無意味なキーワードの羅列です。以前このサイトでもしていて、検索順位が上がったのですが、ある日突然、検索順位がガタ落ちしました。最悪の場合は、二度と検索されなくなり、スパム行為のブラックリストに載る可能性があります。ご注意下さい。

4.Page Rankを知るべし!

検索順位の基準は何か。「キーワード」との適合度もありますが、同じようなサイトがいくつもある場合、優先にされるのが「Page Rank」です。Googleではこの手法を採用しており、PageRankが高いほど上位に表示されます。このPage RankはPage Rank Checkerで調べることができます。

5.Page Rankを上げるべし!

一番効率が良いのが、Page Rankの高いサイトにリンクしてもらうことです。例を挙げますと、Yahoo! Japanのカテゴリ登録やGoogleのカテゴリであるdmozに登録することです。でも、 これらのサイトは、質の高さを重視してるので審査は非常に厳しく、なかなかOKはもらえません。わたしは何度かやってみましたが、ダメでした。営利目的のサイトならなおさら難しいです。ですから、地道に多くの一般サイトに相互リンクをするという方法も有効です。 私はこの方法を行っています。また、自分のサイト内でやたらリンクするという自作自演も有効のようです。

6.ロボットエンジン対策をする!

このサイトのソースを見てもらうとわかると思いますが、

<META name="keywords" content="検索,検索エンジン,サイト登録,上位表示,Google,Yahoo">
<META name="description" content="検索されるための方法です">


という文があります。
これは、キーワードが「検索」「検索エンジン」「サイト登録」「上位表示」「Google」「Yahoo」で検索したときに表示される。という意味で、そこに現れたときの説明文が、「検索されるための方法です」ということになります。Google、InfoSeekなどで有効です。
また、上位表示の最も有効なキーワードは、サイトのタイトルです。
ぴったり一致するものであれば、Page Rankに関係なく必ず上位にくるでしょう。

7.ディレクトリ検索エンジンに登録!

もしもこれができれば、あなたのサイトはアクセスが急増し、Page Rankも上昇、 しかも世間からの評価も高くなることでしょう。でもこれは結構難関です。私は以前に申請したことがあるのですが、ダメでした。ちなみにここ↓で、気になる あのサイトはどうなのかを調べることができます。

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

サイトが充実して、みんなの役に立つようになれば、いけるかもしれませんね。 私も頑張って行きたいと思います!



SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO